伊奈学園中トピックス

学校トピックス

2年英語特別授業

 11月15日(金)オーストラリアの駐日大使館の方々をお招きして、特別授業(2年生)を実施しました。オーストラリア駐日大使館が主催するスポーツ外交キャンペーン「AUS+RALLY」(オーストラリー)に埼玉県が登録していることから、実現したものです。

 

 内容は、①日本とオーストラリアに関する英語クイズ

     ②生徒による英語のプレゼンテーション

     ③大使館職員によるオーストラリアの学校生活の説明

     ④質問タイム

     ⑤写真撮影

 

 生徒は、日本とオーストラリアの関係を学ぶと共に、今後の両国の関係を更に深めるきっかとなりました。

3年英語特別授業

 11月11日、文教大学国際学部教授の阿野幸一先生をお招きして、英語の特別授業を行いました。

(阿野先生は数年前までNHK基礎英語の講師をされていて、現在はNHK高校講座コミュニケーション英語ⅠやTOKYOFM「高橋みなみのこれから、何する?」の「これから、英語力あげちゃう?」というコーナーに出演されています。)

 当日は「使える英語、こんなふうに伸ばしては?」と題して、これからの時代に求められる英語力についての授業。教員志望の英語学科の学生さんも連れて来て、生徒達のサポートに入ってもらいました。

 阿野先生の軽妙な語り口と本質を突く問いに、生徒たちは興味津々。あっという間の二時間でした。

【生徒の感想】

●今日は阿野先生の特別授業がありました。「使える英語を身に付ける」という意識を持つだけで、これからの英語の勉強法も変わるかもと思いました。

●今日は英語の特別授業がありました。大学生の方とたくさん話せて楽しかったですし、勉強になりました! 最後の感想発表を急に依頼されて、とても緊張しましたが、阿野先生の近くでお話できて光栄でした!

●今日は楽しみながら英語を学べました! 使える英語は相手の気持ちを考えることが大切だとわかりました。

3年生総合的な学習の時間 校外学習

 伊奈学園中学校の3年生の総合的な学習の時間は、教科を超えた学びを目指し、複数の教科を融合した学習を行っています。80名の生徒が「科学(数学+理科)」「表現(国語+英語)」「国際(社会+英語)」のいずれかの講座を選択し、一年間の学習に取り組んでいます。11月7日はそれぞれの講座ごとに学習を深めるために校外学習に出かけました。

「科学」

 科学はつくばエキスポセンターとJAXA筑波宇宙センターに行きました。午前中はエキスポセンターでプラネタリウムと気体の科学実験、および身近な現象についての展示実験を見学しました。午後のJAXAでは無料の展示物コーナーで、実物大の人工衛星や本物のロケットエンジン、国際宇宙ステーションにある日本の実験棟「きぼう」の実物大モデルなどを見学したのち、宇宙飛行士が訓練に使う養成エリアや「きぼう」運用管理室なども見学しました。

 今後は自作の水ロケットを飛ばし、航空宇宙学について学びを深めていきます。


「表現」

 朝は地下鉄森下駅に集合し、芭蕉記念館に行きました。次長自らの説明と展示見学により、国語で学習した「おくのほそ道」を想起しつつ、背景や周辺事情なども知ることができました。また、表現の授業で句会を催したので、その時の俳句を投句してきました(芭蕉記念館では、投句された句を毎年審査して発表しているとのこと)。英語俳句の国際大会の方に投句してきた生徒もいました。


  途中、隅田川を望む芭蕉像や芭蕉稲荷神社に立ち寄りつつ、国立演芸場に場所を移して、昼からは寄席の鑑賞です。ちょうど真打昇進襲名披露公演にあたり、口上では噺家どうしの即興の掛け合いもありました。洗練された音声言語での表現と身体表現に直に触れ、江戸情緒を味わいました。


「国際」

 朝9:30、JR市ケ谷駅に集合しJICA地球ひろばへ向かいました。JICA地球ひろばでは係の方(青年海外協力隊経験者)にナビゲートしてもらい、貧困や紛争、食料問題などに関する展示を見学しました。企画展では世界のごみ問題について、展示や体験を通して学びました。

 その後はワークショップ形式でSDGsについての理解を深めました。


  午後は国立演芸場に移動して表現チームと合流。寄席を鑑賞し、噺家さんの話術や間の取り方など、プレゼンテーションに生かせる手法について楽しみながら鑑賞しました。

 今後の授業は「世界をちょっと良くする提案」をテーマに学習を進めていく予定です。

平和学習会(2年)

 2年生の総合的な学習の時間では来年度の修学旅行(広島・京都)に向けての準備を始めています。その学習の一貫として11月7日(木)に「埼玉県原爆被害者協議会(しらさぎ会)」の上野様をお招きして、平和学習会を実施しました。

学習会を終えて、戦争の怖さを改めて感じるとともに、平和の大切さについても考える機会となりました。

 

 <生徒の感想>

 今まで総合だけでなく社会の歴史だったり、国語の戦争を題材にした物語を読んだりと、多くの授業で戦争について考えてきました。しかし今回、実際に被爆された方の講演を聞き、より詳しい心情や当時の様子を知ることができたので、良かったです。

私が最も印象に残ったのは、ラジオで終戦を知ったときのことです。上野さんが終戦が嬉しく、「次戦争があったら死のうね」と言ったほど、戦争が嫌だったとおっしゃってました。これまでの授業では、戦死を望んでいたというのを聞く度に本当にこれが戦争を体験した人達の想いなのかと疑うことが何度かありました。しかし、最後に上野さんが「平和とは戦争のない世界、毎日無事でいられることが幸せ」とおっしゃっっていて、やはり戦争がないのが1番だと感じました。

 涙がでそうなほどまずいご飯を食べ、夜中は空襲警報で起こされ、家族と離れなくてはならない(疎開)なんで今の生活、世の中(日本)では考え難いことです。戦争があってはいけない、したくない、この想いを体験された方から私たちの世代がしっかり引継ぎ、未来へ繋いでいく必要があると改めて実感しました。

県駅伝初出場!

 11月9日(土)熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で第87回埼玉県駅伝競走大会が行われました。

 本校は女子チームが激戦の予選を勝ち抜き、初出場を果たしました。選手は、1秒を削り出す走りをし、仲間のために、たすきを繋げました。63チーム中54位という結果でしたが、来年に繋がるすばらしい走りをしてくれました。選手の皆さんお疲れ様でした!