伊奈学園中トピックス

学校トピックス

ケータイ・スマホ安全教室

 例年は4月に全校で行っており、今年はコロナ禍でなかなか実施できずでしたが、1年生を対象に2日に実施しました。多くの生徒にとって身近なものになっている携帯電話やスマートフォン、SNS、コミュニケーションアプリについて様々な事例をもとに正しい使い方を学びました。

 

2年生英語特別授業

11月30日(月)2年生で埼玉県出前「起業家講座」を実施しました。講師は、NPO法人AEA英語通訳キッズプロジェクト代表理事の赤井由紀子さんでした。赤井さんは、英語指導を通じた「世界中のどこでも生き抜く力」がある人材を育てるために多岐に渡る活動を行っています。

 授業前半は講演をしていただき、後半は質疑応答を行いました。

<生徒の感想>

 私はずっと将来とはどのようなことをすべきか?何の仕事につくのか?など、頭の中でかかえきれないほどの悩みを持っていました。「親のために、何か親孝行すべき」という考えから、自分のやりたいことから離れなくてはいけないと、少し夢からあきらめかけていましたが、親孝行は、「子どもが幸せ」ということだと考えると、夢を追い続けて楽しく幸せならば、自分の未来は明るい!という考えとなりました。

 きっかけは、これからいつどんなところで起こるのかは分かりませんが、もしかしたら、今もうきっかけはあって、見つけているのかと思うと不安な将来が楽しい将来へと変わっていった。今回のように、人の話を聞くことで、私は夢について、自分を持つことができました。本当にありがとうございました。

テスト期間の放課後

 期末テスト一週間前となりました。恒例の学び合いタイムも30日からスタートです。

 

  

 いつもどおり、ホールに机を並べてみんなでわいわい教え合いながら学習を進めたり、サポートに来てくれているOGの大学生に質問していたりしました。

 

  

 一人で黙々とやりたい生徒向けに静かに自習の教室も設けています。

 

  

 数学と国語の補習もあり、それに参加している生徒もいれば、空いている先生を廊下などでつかまえて質問をしている生徒もいました。 

 

 伊奈学園の校訓の一つ「たゆまぬ勉学」の姿勢あふれるテスト期間です。

1年生 総合的な学習の時間(進路学習)

 1年生の総合的な学習の時間は福祉に関する学習が一区切りし、現在は仕事や職業についての学習を進めています。20日(金)の総合の時間、前半は「仕事で繋がる社会・仕事で支える社会」と題し、学校の来校者名簿から学校と関係・協力・連携している職業を軸に、グループでウェビングマップを作りながら仕事について考えました。

 
 後半は「どんな職業を目指すのか?」「そのために今身につけるべき力は?」「それにはどんな学習が必要か?」につながるよう、society5.0やAIの進化といった時代の変化にともなう職業の変化を読み取り、今ある職業だけでなく、「未来の職業」についての視点も養えるような構成で授業を行いました。 

 

 


 なお、当日は文教大学の学生さんたちも参観していました。

 

 

自分の人生をプランニングしませんか?~未来を変える学校~

11月18日(水)に2年生総合の特別授業を実施しました。現在、2年生は博報堂と合同で総合の授業(タイトル:「未来を変えるお金学校」)を実践しています。

ネット回線を利用し、西日本シティ銀行の武田さんによる講演及びワークショップを行いました。生徒は、①銀行の役割、②銀行がSDGsに深く関わっている事などを学びました。

 <生徒の感想>

 経営者の考えや熱意が融資のポイントとなる、と聞いて、自分の考えや思いを相手にわかりやすく伝えることが大切だと思いました。また、信頼関係の大切さもわかりました。

 前回の埼玉県のSDGsについての授業とつながっていて、他にも今まで学んだこと同士がつながっていないか探してみたいと思いました。企業からの信頼についてもわかったので良かったです。

 今回の授業でわかったことは他のことにもたくさんいかせると思うので、自分でももっとくわしく知りたいことを調べてみたいと思いました。また、友達の疑問や意見も自分では考えられないものがあったので、友達からも学べるようにしたいです。