伊奈学園中トピックス

学校トピックス

3年生川越校外学習

3年生が4月28日に川越まで校外学習に行ってきました。

 

川越氷川神社、熊野神社、菓子屋横丁、時の鐘などを回りながら、各々が設定したテーマを学んできました。

テーマは「建築物」「食文化」「観光客」「神社・寺」など様々で、自分が興味のあるテーマごとに班を設定して回りました。

 

また、この校外学習は修学旅行の練習としての役割もあり、実行委員は集合の仕方から学びのあり方まで、多面的に企画をしていました。

リーダーとしての力や自覚もだんだんとついてきています。

6月5日から始まる修学旅行も楽しみです。

修学旅行に向けて

3年生が修学旅行に向けての取り組みをしています。

行先は広島・京都です。

今日は、京都のコース作りを行いました。

見どころがたくさんあるため、悩みながら決めていました。

思い出に残る修学旅行にしてもらいたいです。

学びあいタイムが始まりました。

 

今日から中間テストの一週間前となります。

放課後は、諸活動が停止となり、学びあいタイムが始まります。

生徒達は、熱心に教えあいながら学習に取り組んでいました。

自分の目標に向かって、頑張っていきましょう。

1年生がプロジェクトアドベンチャーを体験しました!!

4月28日(木)、1年生はプロジェクトアドベンチャーを体験しました。

仲間と協力しながら、様々なアクティビティに挑戦しました。

写真は、「チーム全員がどれだけ早くフラフープをくぐれるか?」というアクティビティの様子です。

各チームが試行錯誤しながら、最速タイムを目指しました!!

入学してから一か月、学年の絆の深まりを感じています。

2学年 ドッヂボール大会

本日1時間目~3時間目に大体育館でドッヂボール大会を行いました。

1チーム10人、各クラス4チームに分かれてAリーグ、Bリーグの総当たり戦、そして各リーグの1位同士が戦う決勝戦を行いました。チーム名も自分たちで考えました。なかなかユニークな名前もありました。(笑)

 

1組:スーパードラゴンファイヤーズ・バ小島しゃべめかつ・GT・いいよ きめて

2組:ICT産業・Z・”ちくわぶ”のC・Bチーム

 

Aリーグの1位はスーパードラゴンファイヤーズ、Bリーグの1位はGTでした。

この2チームにより決勝戦を行い、スーパードラゴンファイヤーズが見事優勝しました!!!

 

どのチームも全員が一生懸命にボールをよけ、キャッチし、汗をかきながら、みんなとてもいい顔で大会を終えることができました。

 

      

 

     

 

     

入学おめでとうございます!一緒に学んでいきましょう!

4月8日(金)第20回伊奈学園中学校入学式を実施しました。

今年度も80名の新入生が入学しました!

校地内の桜もきれいに咲いてよく晴れた1日、気持ちの良い入学式となりました。

新入生の皆さん、ゆっくり学校に慣れていってください。

3年生への感謝の気持ちを込めて

本日1、2年生で、1ハウス内の掃除、体育館で式場準備を行いました。

明日行われる卒業証書授与式は全員参加できないため、その想いを胸に掃除と準備をしました。

約1時間30分、休むことなく一人一人が3年生への感謝の気持ちを込めて準備や掃除をすることが出来ました。

1、2年生のみなさん、ありがとうございました。

3年生に想いは通じているはずです!!!

 

技術の授業<音声認識のプログラミング>

 技術分野「D 情報の技術」の授業で,身近になりつつある音声認識技術を題材とした授業を行いました。

 「音声認識技術のプログラミング」と「模型の製作」を通して,生活をより豊かにすることを目標に取り組みました。

 プログラミング活動では,より正確に音声認識を行うために試行錯誤する姿が見られました。

 レゴブロックを活用した模型の製作では,模型にかかる負荷などを考慮した製作を行っており,3年間の技術分野の学びの集大成といえる製作物を作り上げることができました。

 

イングリッシュセミナー2

3年間の英語学習の集大成「イングリッシュセミナー」.

午後には12グループそれぞれから選ばれたベスト・スピーカーによる決勝が行われました.どのスピーチも英語が素晴らしいことはもちろん,スピーカーの個性があふれる感動的なスピーチでした.

写真は決勝で審査をするALTとスピーカーたちの様子です.

 

イングリッシュセミナー

きょうは学校行事「イングリッシュセミナー」が行われています.

3年生の生徒が6~7人ごとにグループに分かれALTの個別の指導を受けながら,準備してきた英語プレゼンテーションを磨き上げ,英語スピーチのトップ3を競います.

主な流れは以下の通りです.

■ Opening Ceremony

   - ALTs introduce themselves within their groups.

■ Break

   - Students encouraged to talk to the ALTs to fill out their autograph booklets.

■ Speech Practice 1

   - ALTs help their groups with their speeches.

■ Speech Practice 2

《Lunch》

■ Presentations in each group

   - Each student present their speeches within the groups and be evaluated by their ALT and peers.

   - ALT choose a winner and notify Anna sensei.

■ Final

   - The winners from each group give their speeches in front of the students and the 12 ALTs.

   - The top 3 are chosen based on the students' scores.

■ Closing/ Awards Ceremony

   - Awards for the speech competition and autograph booklets are given out.

   - Group photo will be taken.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3年英語特別授業

 2月18日(金)3年生がオンラインで英語特別授業を受けました。講師は、文教大学国際学部教授阿野幸一先生です。阿野先生は、伊奈学園で教鞭をとったあと、大学にお勤めになり、NHKラジオ講座『基礎英語』の講師を長くつとめるなど、英語教育の分野でご活躍されています。

 例年は学園の大教室で実施していますが、今年度は、コロナ感染防止対策のため、オンライン(自宅の生徒と教室の生徒)で実施しました。英語を単に暗記するだけでなく、場面や状況を意識して活用することや中学で学んだ英語が今後の英語学習の土台となることなど、様々なことを教えていただきました!

 

3年生 キャリア・シンポジウム

3年生 キャリア・シンポジウム

 

中学3年生と学園中卒業生の大学生でキャリア・シンポジウムを行いました。

事前のアンケートから中学生の興味分野と卒業生の専門分野が重なるようにグループ分けをし、中学校卒業後の高校・大学での学習、大学での専門分野の特徴やその分野に進んだ理由などについて詳しく聞くことができました。

興味津々で聞き入り、メモを取りながら、気になる所は積極的に質問していました。

 

私たちの意見~埼玉新聞掲載~

 2年生の国語の授業(単元名:根拠の適切さを考えて書こう-意見文を書く)で書いた生徒(12名分)の意見文が埼玉新聞に掲載されました! 文字等小さく読みづらいですが、ご容赦ください。

 

持久走大会を実施しました!

1月26日(水)感染対策を十分に行い、3年ぶりに持久走大会を実施しました。生徒の皆さん、お疲れ様でした! 

持久走(大会)の意義をあらためて考えると・・・

身体が成長する中学生の時に、持久走をすることで「肺活量や身体のスタミナを養う」ことができ、この先の人生のためになる丈夫な身体を作るのに役立ちます。

また、持久走は、「心も鍛えます」。苦しい時に、上手く行かない時、あきらめそうになった時、苦しくても前に進み続けることで一つずつ上手にできるようになっていくはずです。

さらに、順位ではなく、「一生懸命に努力した姿を互いに認め、称賛し、励まし合う態度」も育つのではないでしょうか。

生徒の皆さんは、持久走大会を通して、様々なことを経験し、感じることができたと思います。

 

第19期 生徒会本部役員任命式

19期生徒会本部役員任命式

 

10月12日(火)に行われた生徒会役員選挙にて選出された5名が先日、校長先生から校長室にて任命書を受け取りました。

19期生徒会本部役員を宜しくお願いいたします。

 

授業の様子 <技術>

技術分野「C エネルギー変換の技術」の中で,今後,運用が期待されている海流発電を題材とした授業を計5時間行いました。

発電効率の向上を実現するための様々な方策のうち,海流発電のタービンの形状に着目し,その設計を考えました。

今回,タービンの設計には3D-CAD(スリーディー・キャド)を用いました。3D-CADは,コンピュータ上で立体的な設計ができるシステムです。

3D-CADによる設計の様子
 <3D-CADによる設計の様子>

コンピュータ上で部品を組み合わせたり,変形させたりする活動を通して,それぞれの生徒が発電効率を向上させるためにたくさんの工夫を施しました。

設計したタービンは3Dプリンタで印刷し,実験を行うことで,効率を高めるタービンの形状について,より深く考察する姿が見られました。

(技術科:竹澤 則乃)

生徒達が3Dプリンタで出力したタービンの模型

 

 

 

 

 

 

 

<生徒達が3Dプリンタで出力したタービンの模型>

オンライン授業

 現在、本校は緊急事態宣言を受けて分散登校を実施しており,オンライン学習を活用した授業を行っています。各教科の授業の様子をお届けします。

 教科の特性に応じて、①オンラインを活用した「リアルタイムのライブ授業」、②事前に動画を視聴した上で授業に参加する「反転学習型の授業」、③オンライン会議システムを活用した「対話的な学び」を重視した授業等の工夫を行っています。生徒は学校と家庭、どちらの場所でも集中して取り組んでいる様子です。

放課後の様子~2021の夏を待ちながら~

 期末テストが終わり、生徒の皆さんは放課後を利用して、各自の活動を進めています。写真は、放課後の様子です。体力向上部&希望者は、ホールで外部講師による「床バレエ講座」を行っていました。吹奏楽部はコンクールに向けて練習中です。学園祭実行委員も準備していました。それぞれ充実した放課後を過ごしているようです。

 

第1回サタデーセミナー

7月3日(土)第1回サタデーセミナーを実施しました。サタデーセミナーは、基礎的な講座から発展的な講座、教養的な講座まで幅広く開講しています。生徒は自分で選択した講座に参加しました。

参加人数が50人を超える講座もあり、多くの生徒が意欲的に学びを深めていました。

 

2学年 総合的な学習の時間 株式会社キュービック・みなかみ町との連携

2学年の総合的な学習の時間では、テーマを『農業』とし、農業を中心において社会課題の解決を目指したプロジェクト型学習を進めています。

6月の授業では、株式会社キュービックと、群馬県みなかみ町との連携の中で社会につながる授業を行いました。

 

株式会社キュービックとの学習テーマは「インサイト(深層心理)」でした。

社会課題を人中心に考える(ヒト・ファースト)上で大切なのは、表面的な行動からその人の本当に欲していることを読み取ったり、その思いを引き出すようにインタビューすることです。

インターネットの検索行動の例や、ワークショップ「質問会議」を用いながら、相手の頭の中に辿りつく方法を学びました。

 

そして、この学習を活用して、みなかみ町の農家さんにインタビューをし、農業の現場で起きているリアルな社会課題を探りました。

今回ご協力いただいたのは、一般社団法人みなかみ町体験旅行の方と、様々なジャンルの農家さん(第6次産業に取り組んでいる方もいらっしゃいました)です。

本来は毎年自然体験宿泊研修でお世話になっているみなかみ町。

民泊先としてもご協力いただいていた方もインタビューに答えてくださいました。

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、今年は残念ながら直接お会いすることはできませんが、ZOOMを使って顔を見ながらインタビューすることができました。

 

 

今回のプロジェクトのゴールは、解決したい課題、そのために働きかけたい相手(ペルソナ)を明らかにした上で作成するWebサイトです。

9月の学園祭では、18期生全員がプレゼンする予定でいます。

このプロジェクトの肝となるインタビューが終わり、今後の学習の進行も楽しみです。

 

 

■連携先企業については、 株式会社キュービックのwebページをご覧ください。
 https://cuebic.co.jp/

 

教育実習生が来ました!

5月31日から6月18日まで、学園中に10期の卒業生が教育実習生として戻って来てくれました。教科は英語、クラスは3年2組です。3年生の授業を中心に、2年生の授業も受け持ちました。

実習生は、3年2組のホームルームを担当してく、生徒たちはお姉さんができたような感覚で気軽に話しかけていましたが、いざ授業となるとプロジェクターを駆使した英語や道徳の授業に、生徒たちは真剣に、時には大盛り上がりで授業に参加していました。

長いように思えた3週間もあっという間に過ぎ、最終日には涙ながらのお別れとなりました。学年の生徒全員からのプレゼントに、先生はとても感激して喜んでくれました。みんなでこっそり用意した甲斐がありましたね!この思い出を糧に、素晴らしい先生になってください!

3年生 美術の授業

3年生、美術の授業では「コースター」を作成しています。

革にデザインを刻み、革用の絵の具で色付けをします。

生徒たちは硬い革の加工や、塗りなれない皮革用の絵の具に苦戦していましたが、楽しみながら丁寧に作業していました。

完成が楽しみです。

 

ネパールの児童さんとの交流②

本校卒業生(大学生)が企画した国際交流イベント「同世代とつながろう」が行われました。

卒業生は、国際協力団体KIVOに所属して、ネパールの孤児院の支援を行っています。

今回は、KIVOから卒業生を含む計6名のスタッフに来校していただき、2日間に渡ってネパールの孤児院と本校生徒をオンラインでつなぎ、簡単なネパール語と英語で交流しました。

 

 当日の流れは、以下の通りです。

 ①ネパールクイズ

 ②ネパール語を学ぼう

 ③英語で質問を考えよう

 ④ネパールの民謡「レッサン フィリリ」を覚えよう

 ⑤オンラインで交流しよう

  自分で考えた英語の質問をしながら、孤児院の生徒と交流をしました。

 ⑥サプライズ!「レッサン フィリリ」を披露しよう!

  ネパールの人ならだれでも歌える民謡です。

 

「What is your dream?」という質問に、ネパールの子供たちは、「nurse」「teacher」と笑顔で答えてくれました。孤児院という環境でも、夢をもって前向きに明るく生きている同世代の子供たちと接することで、生徒たちも多くの刺激を受けたようです。

ネパールの児童さんとの交流会

 14日(月)・15日(火)の放課後に「国際協力学生団体KIVO」の協力のもと、ネパールの孤児院に通う児童・生徒との交流を行いました。

 前半は、ネパールの言葉や民謡などについて学び、その後、現地の子ども達への質問を英語で考えました。

    後半は、オンライン通信で現地の孤児院と繋ぎ、子ども達との交流を行いました。現地の言葉で自己紹介をし、現地の民謡を披露したりしました。今回の交流を通して、生徒は、ネパールを身近に感じることができたかと思います。

 

 

学校公開・体験授業を実施しました!~来校ありがとうございました~

6月5日(土)に、小学生対象の公開授業・体験授業を実施しました。コロナ感染拡大予防のため、制約の中での参観・体験授業となり、来校していただいた方々にはご不便等をおかけしましたが、本校の教育活動が少しでも伝わればと思います。

ご来校誠にありがとうございました。感想等を一部掲載させていただきます。

 

●明るく広い学校という印象を受けました。こういった環境で育ってほしいと感じました。

●子どもに身近な例をもとにした学ぶ楽しさを感じることができる授業だと思いました。子どもたちが

楽しそうに授業に参加している姿が印象的でした。

●体験授業を通して感じたことは、自分でまず考え仲間と話し合いクラスで共有していくという勉強方法が素晴らしいと感じました。授業中に中学3年生も一緒になり、和歌を学べたことも子どもにとって良い学びになったと思います。

●詰め込むのではなく、生徒に考えさせる授業でおもしろかった。

●理科の実験を通して、周りの人と一緒に考えながら学んでいたところが良かったと思います。

●英語は、楽しく活発な発言が見られて良いなと思いました。総合的な学習の時間は、大変興味深く面白かったです。

●先生を含め生徒がいきいきとしている印象を受けました。

●各教室、熱心に授業に参加している様子がわかり、又、話し合う中で、理解を深めていて、良い授業だと感じました。

●授業を見学させてもらいましたが、グループワークが活発で、生徒さんたちが大変積極的に参加していて活気があり、良かったです。

●先生と生徒さんが和気あいあいと楽しそうに授業していたのが印象的でした!

●展示物を見て、個性豊かな子ども達がたくさんいると感じました。個々が刺激を受けてとても良い環境だと感じた。

●学校の雰囲気が良いという事が感じられた。自由でゆとりがありながら、先進的な事も随時取り入れたバランスの良さを感じた。

●落ち着いた環境でのびのびと中学生生活を送る生徒のみなさんの姿が印象的でした。

●のびのびと自主性をもって学習できる学校であると感じました。授業中に生徒達同士で意見を交換し、全員で切磋琢磨している印象がありました。周囲の人たちと意見交換することで、物の見方、捉え方、考え方が広がりすごく良い環境で学習できるなと思いました。

●生徒のみなさんが、落ち着いて授業に臨んでいる様子を拝見できて、素晴らしいと思いました。充実した中学生生活を送っていることが、校内の展示物からも伝わりました。

●体験の授業は参加型で、とても楽しそうでした。先輩も参加してくれて、先生と生徒さんの良い関係がわかりました。

●堅いイメージがありましたが、明るい雰囲気でした。

●子ども達の自主性や周りとの協調性を大切にし、社会に出ても強みになるような授業だと感じました。生徒の皆さんが元気で自由。

●心と体が大きく成長する時期に、様々な経験や挑戦をしてほしいと思います。伊奈学園中は、子ども達の自主性を重んじているイメージがあります。実際に今日、公開授業を見て、子ども達がよく発言をしていて、話し合いもよくしていると感じました。

 

下肢装具をつけても履けるおしゃれな靴を作りませんか?

 本校の総合的な学習の時間は、企業など社会との連携を積極的に取り入れ、各学年のテーマに応じて プロジェクト型学習(PBL)を行っております。新しい発想の作り方や、プレゼンの方法、研究のプロセスなど、社会に活きるスキル、未来を拓くスキルを身につけることを意識して学習を展開しております。

 写真は、1年生の総合的な学習の時間の様子です。福祉教育の一環として、㈱LUYLと連携し、「(足が不自由な人が)下肢装具をつけていても履けるおしゃれな靴」の開発を行っています。靴の制作を通して、そもそも福祉とは?人が幸せに生きることとは?など、様々な視点で考えることの大切さを学んでいます。

 

 

3年学級討議

 5月11日火曜日7時間目に、学級討議が行われました。3年生にとっては、学園中生として最後の学級討議になります。学級・中央委員が司会進行や板書を行い、委員会や部活、ひいては伊奈学園中全体をさらに良くするために、ひとりひとりが身の回りのことに考えを巡らせ、議論する時間です。

 最高学年としての自覚もあり、挙手と質問が絶えない時間となりました。活発に意見交換や議論をしつつも、時折笑顔も見られ、17期生の仲の良さもうかがえるとても良い時間だったように思います。今回の学級討議の内容をもとに、6月1日に生徒総会が行われます。時間が経てばまた疑問や良い考えが浮かぶものでもありますから、今日話したことを忘れず、伊奈学園中を更に良くするアイディアを考えていきましょう! 

 

3年 散歩

4月28日水曜日、ちょうど良く過ごしやすい気候の中、見沼代用水沿いをみんなで散策しました。出発前に見沼代用水の歴史や用途、地図や周囲の植物に至るまでGoogle Chromebookで調べて、いざ出発!実は体力づくりの目的もあったこの活動、行く先々でみんなの笑顔が見られてとても良いイベントになりました。

 

1組、2組ともに密を避けるために違う公園でお弁当を食べました。その後、公園内を散策し、帰りも同じ道を通って帰る…意外と厳しい道のりになった気がしますが、学校到着後、牛乳を飲むみんなの顔は晴れ晴れしていたように思います。とても良い一日でしたね!

 

2年総合 タグラグビー × チームビルディング①

4月21日、2年生の総合的な学習の時間では、STEAM Sports Laboratoryなどから講師の先生をお招きし、より良いチームの在り方について学習しました。

 

今回のプログラムは、4月28日と合わせて計8時間を使って行うもので、「自分たちにとっての『最強のタグラグビーチーム』を作る」を目標に学習を進めていきます。

このプログラムは、経済産業省の運営する「STEAM Library」にも掲載されており、未来を主体的に切り拓いていくために必要とされている『STEAM教育』を効果的に進めていけるとされています。

 

この日は第1時間目、第2時間目として、チームや人材について学習をしました。

 

1時間目『そもそもチームとは?』

まず、グループとチームの違いを考えることで、チームとは何かを考えました。

①共通の目的・目標がある ②ルールやプロセスが共有されている ③1+1=3以上にできる

また、チームビルディングの3要素として①人材力 ②組織力 ③関係力 が大きく影響していることも学びました。

「タグラグビーとはどんな競技か」をA3用紙にチームでまとめる中で、早速チームとして動いてみましたが、効率よく調べたり、意見をまとめたりする中で、チームとして動くことの難しさを感じました。

 

2時間目『チームメンバーを知る』

次に、利き脳診断を通して、それぞれの思考の特性を知りました。

特性の型は4つに分類されますが、どれも良い、悪いということはない、考え方の個性です。

それぞれの個性がどのように関わり合えばチームとして大きな成果を出せるのかを学習するとともに、チームの利き脳を共有して、このチームで勝つとしたらどのように関わり合えば良いか考えました。

メンバーの4つの特性の型がバランスの良い班もあったり、どれか1つに偏っているチームもあったりで、今あるチームで最大限の成果を出すための方法、考え方はチームによって大きく変わってきそうです。

 

 

 

28日(水)には、1時間目から6時間目まで全て使ってタグラグビーの実技とチームビルディングの講座を交互に行い、学んでいきます。

まだまだこれからの授業が楽しみです!

伊奈学園中の学びのガイダンス

 4月13日(火)に「学びのガイダンス」を全学年で実施しました。中学生になると学習内容が難しくなり、学習面で不安を感じる場面が多くなりますが、授業を中心においた学びのリズムづくりを通して3年間(6年間)の学習を継続させてください。

 単なる暗記した「知識」ではなく「生きて活用できる知識」にするには?

 「予習→授業→復習」の学習サイクルの定着

 各教科で「なぜ?こうなるのか?」「そもそも、~ってどんな意味なのか?」といった本質的な問い

 暗記一辺倒の学習からの脱却

 各教科で学んだ知識を活用していく(総合的な学習の時間)

 など、多くのことを全員で確認しました!

 本格的に授業が始まります。教科の授業中にも確認しながら学んでいけるといいですね。

 

 

職員室をきれいにしました

伊奈学園中学校は本日職員室の大掃除です。

 

机やいすを全部だして、

 

床を掃いて、丁寧に雑巾がけをして

 ワックスをかけました。

 

きれいになった職員室で新しい年度、新しい先生たちをお迎えします。 

修了式

 令和3年3月24日(水)修了式がありました。修了式が終わると、通知表が配布され、みんな口々に感想を言い合っていました。最後に、担任の先生からの1年間のまとめの話を聞き、クラスの仲間との最後の時間を過ごしました。

 明日からは春休み。来年度のスタートに向けて、各教科から出された課題にしっかりと取り組み、充実した生活を送ってください。始業式にはまた元気な姿で登校してくれることを楽しみにしています。

  

1年生特別授業~自動収穫ロボットで農業を変え、世界を変える・inaho株式会社~

 22日(月)、Inaho株式会社の代表取締役 菱木豊様に来校していただき、1年生の特別授業を行いました。

 Inahoでは、「時間を作り選択肢と可能性を届ける」をMissionとし、自動野菜収穫ロボットを中心とした生産者向けサービスを提供しています。こうした取組を通して、農業関係に従事する方々が高齢化する中、過酷な収穫作業という課題を自動野菜収穫ロボットで解決しています。

 今回の特別授業。前半は、菱木様よりAI技術を活用した農業分野の最前線の話や、日本の農業の課題、他国との比較等の話を聞けました。教科書には掲載されていないリアルな情報が満載でした。

 後半は、生徒がタブレットを活用し、質疑応答等を行い、学びを深めました。

 「自動収穫ロボットで農業を変え、世界を変える」講師の方の強い志が伝わってくる講演会でした。そして、「自分で判断し、行動していくこと」の大切さも感じることができました。

 

2年生特別授業~浦和レッズダイヤモンズ~

 18日(木)、浦和レッドダイヤモンズ株式会社の山内様(コーポレート本部)に来校していただき、2年生の特別授業を行いました。

 浦和レッドダイヤモンズでは、サッカークラブの運営の外、ハートフルクラブ活動(地域貢献)や、レッズランドなどの様々なSDGsに関わる活動を意欲的に行っています。

 今回の特別授業。前半は、浦和レッドダイヤモンズのSDGsへの取組について、後半は、講演を受けてのグループワークの質疑応答を行いました。生徒たちは、今日の特別授業を通して、企業の具体的な取組を知り、自分の視野を広げることができました。

 

第16回卒業証書授与式

 昨日、3月15日(火)、第16回卒業証書授与式が行われました。新型コロナウィルス感染防止のため、在校生は出席できませんでしたが、事前の準備等で卒業生をサポートしてくれました。

  卒業生は、3年間の中学校課程を修了し、伊奈学園総合高校へと進学します。中学校教職員一同、16期生の更なる活躍を祈念しております!

 

中高一貫校らしさ

3月12日は伊奈学園総合高校の卒業式でした。卒業式の後には伊奈学園中から進学した内進生たちの多くが中学校にあいさつにきていました。

 


  写真中央は中学3年時の学年主任です。中1から高校卒業まで生徒たちの成長を見届けられるのも中高一貫校の良さだなぁと感じます。

3年生を送る会

 9日は三年生を送る会を実施しました。

 例年であればホールに全校集合して実施していますが、今回は新型コロナウイルス感染予防のため、開会式と閉会式は校内放送室により行い、各学年や部活動の代表生徒が、別室から卒業生、在校生それぞれに向けたメッセージや動画(事前に撮影)等をZoomで配信し、生徒たちはそれを各教室で視聴する形式で実施しました。

 

 


 各教室からは歓声や笑い声が聞こえてくる場面も多く、制約の大きい中でも、生徒たちは一生懸命やり遂げてくれました。

 

 

1年 校内学習「18期生Special Day」

 3月3日は2・3年生が校外学習だったため、1年生は1ハウスを全部使って「18期生Special Day」と題して1日過ごしました。

 

 午前中はクラスをまたいで20人ずつのグループに分かれ、学年の先生たちがファシリテーター役として各グループについて、プロジェクトアドベンチャーの手法に基づいた様々なアクティビティを行いました。

 

 

 午後は午前とは別の班に組み替えて、コミュニケーションと情報共有をテーマに2つの活動を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

第5回サタデーセミナー

2月20日(土)、今年度最後のサタデーセミナー(5回目)を実施しました。生徒は、当日最大4時間の講座を選択し受講しました。全5回のサタデーセミナーで最大20時間の授業以外の学びができました。今回も多くの生徒が参加し、互いに学びを深めていました。

 今回の開講講座は次の通りです。

①  英単語学習法講座(1・2年生向け)…本校と連携している東京大学大学院教育学研究科の博士課程在籍の大学院生による特別講座です。英単語を効果的に覚えていくコツについて学びました。

②  応用科学Ⅰ…応用問題(特に理科の思考力を問う問題)を解くコツについて学びました。

③  プレゼンを磨く…プレゼンのコツを学びました。目指せ、スティーブ・ジョブズ!皆、真剣に取り組んでいました。

④  50分でわかる有名文学~星の王子さま編…興味があって、話を聞きたい人、有名だし読んでみたい!でもちょっと時間が・・・という人のために、本校国語科 犬竹教諭が50分間星の王子さまの魅力について解説がありました。

⑤  読書会…「夏目漱石の夢十夜」を事前に読んで、当日参加者で小説の幻想的な内容や感想について話し合いました。

⑥  数学の考え方…数学が嫌い・苦手・成績で悩んでいる生徒向けの講座。方程式・関数・グラフについて本質的で大切な考え方を学びました。

※上記セミナーは、新型コロナウィルス感染予防策に取り組みながら実施しました。

 

 

 

1年生 総合的な学習の時間 with丸紅

3学期の総合的な学習の時間は丸紅株式会社さんにご協力いただき、「人々の課題を発見してソリューション(解決策)を作る」をテーマに学習を進めています。

 

 すでに2日間丸紅の方に来校いただき

・「良質な気づき」を得るための「Yes,and」の発想

・「良質な気づき」につながる「Qストーミング」

・「課題を探し、ソリューションを作る」

といったワークショップを行ってきました。

 

19日はいよいよ本題の「edish(エディッシュ)を多用途に活用した循環型社会を実現するソリューションを考える」という段階に入りました。

 

3月の中旬の発表に向けて、これから準備を進めていきます。

 

 

スマホ安全教室(2・3年) 

 学年ごとに「スマホ安全教室」を実施しました。多くの生徒にとって身近にあるスマホの使い方や、SNSで起こるトラブルや危険性について、具体的な事例をもとに正しい使い方を学びました。

 今回の講義を受けて、スマホなどの情報機器と適切な距離感をもって使えるようになるといいですね。

キャリア座談会(中3年+卒業生11期・12期)

 中3生が「キャリア座談会」を実施しました。本校卒業の大学生と在校生が交流することで、在校生が高校生活、大学生活の具体的なイメージを持つことが目的です。今日は、14名(他2名はオンライン)の卒業生が来校してくれました。在校生は、身近な先輩との交流を通して多くの刺激を受けたようです。