伊奈学園中トピックス

学校トピックス

放課後の様子~2021の夏を待ちながら~

 期末テストが終わり、生徒の皆さんは放課後を利用して、各自の活動を進めています。写真は、放課後の様子です。体力向上部&希望者は、ホールで外部講師による「床バレエ講座」を行っていました。吹奏楽部はコンクールに向けて練習中です。学園祭実行委員も準備していました。それぞれ充実した放課後を過ごしているようです。

 

第1回サタデーセミナー

7月3日(土)第1回サタデーセミナーを実施しました。サタデーセミナーは、基礎的な講座から発展的な講座、教養的な講座まで幅広く開講しています。生徒は自分で選択した講座に参加しました。

参加人数が50人を超える講座もあり、多くの生徒が意欲的に学びを深めていました。

 

2学年 総合的な学習の時間 株式会社キュービック・みなかみ町との連携

2学年の総合的な学習の時間では、テーマを『農業』とし、農業を中心において社会課題の解決を目指したプロジェクト型学習を進めています。

6月の授業では、株式会社キュービックと、群馬県みなかみ町との連携の中で社会につながる授業を行いました。

 

株式会社キュービックとの学習テーマは「インサイト(深層心理)」でした。

社会課題を人中心に考える(ヒト・ファースト)上で大切なのは、表面的な行動からその人の本当に欲していることを読み取ったり、その思いを引き出すようにインタビューすることです。

インターネットの検索行動の例や、ワークショップ「質問会議」を用いながら、相手の頭の中に辿りつく方法を学びました。

 

そして、この学習を活用して、みなかみ町の農家さんにインタビューをし、農業の現場で起きているリアルな社会課題を探りました。

今回ご協力いただいたのは、一般社団法人みなかみ町体験旅行の方と、様々なジャンルの農家さん(第6次産業に取り組んでいる方もいらっしゃいました)です。

本来は毎年自然体験宿泊研修でお世話になっているみなかみ町。

民泊先としてもご協力いただいていた方もインタビューに答えてくださいました。

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、今年は残念ながら直接お会いすることはできませんが、ZOOMを使って顔を見ながらインタビューすることができました。

 

 

今回のプロジェクトのゴールは、解決したい課題、そのために働きかけたい相手(ペルソナ)を明らかにした上で作成するWebサイトです。

9月の学園祭では、18期生全員がプレゼンする予定でいます。

このプロジェクトの肝となるインタビューが終わり、今後の学習の進行も楽しみです。

 

教育実習生が来ました!

5月31日から6月18日まで、学園中に10期の卒業生が教育実習生として戻って来てくれました。教科は英語、クラスは3年2組です。3年生の授業を中心に、2年生の授業も受け持ちました。

実習生は、3年2組のホームルームを担当してく、生徒たちはお姉さんができたような感覚で気軽に話しかけていましたが、いざ授業となるとプロジェクターを駆使した英語や道徳の授業に、生徒たちは真剣に、時には大盛り上がりで授業に参加していました。

長いように思えた3週間もあっという間に過ぎ、最終日には涙ながらのお別れとなりました。学年の生徒全員からのプレゼントに、先生はとても感激して喜んでくれました。みんなでこっそり用意した甲斐がありましたね!この思い出を糧に、素晴らしい先生になってください!

3年生 美術の授業

3年生、美術の授業では「コースター」を作成しています。

革にデザインを刻み、革用の絵の具で色付けをします。

生徒たちは硬い革の加工や、塗りなれない皮革用の絵の具に苦戦していましたが、楽しみながら丁寧に作業していました。

完成が楽しみです。