2022年7月の記事一覧

対話、複眼的思考

 新型コロナの感染拡大が止まりません。まもなく夏休みですが、合宿やイギリス語学研修、進路活動などが影響を受けることなく当初の目的を達成できるよう、感染防止を徹底します。

 ちょうど1週間前には、想像すらできない事件が起きました。この1週間私は始業式講話の内容を構想していますが、この事件を受け、『シャトルNo.126』の巻頭言と同じ講話にしようかと、ただいま悩み中です。

 海外の紛争でも国家間の摩擦でも、身近なコミュニケーションでも、紛争の前に外交、対立の前に対話が尽くされるべきです。教育に携わる身として大きな責任を感じます。

  シャトルNo.126.pdf

防災訓練

 7月13日(火)、防災訓練を行いました。あいにくの天候のため、グラウンドに中高全生徒を参集させる計画を変更しての実施です。コロナ禍にあって全校生徒が一堂に会する機会が防災訓練であるのも寂しい限りです。

 昨日は比企地区を中心に記録的な大雨がありました。被災された方にお見舞い申し上げます。災害に対しては、備えて減災するしかありません。本日のような訓練を機会にして、今一度防災意識を喚起したいものです。

  防災訓練講評.pdf

田んぼのある風景

 暑くなりました。

 本校は期末考査が終了し、夏休みの大会、進路活動、学園祭準備、夏期講習にむけて、これまた熱を帯びてきています。

 本校周辺は郊外に目をやれば、視界の上側180度が空。その空の青さはますます濃くなり、入道雲の白とのコントラストが鮮やかです。

 【校長室から】田んぼのある風景.pdf