■ 日誌・お知らせ

2023年2月の記事一覧

バレンタイン企画

2月14日(火)

 各ハウスの生徒会が、それぞれ装飾をしたり、手づくりの“恋みくじ”をひいてもらいに回ったり、放送部はバレンタインっぽい曲を流したり、とにぎやかで楽しそうな昼休みでした。

 ちなみに、私がひいたおみくじは「きち」でした。

  

  

  

第34回オーストラリア交流事業説明会

2月10日(金)

 先日の英国に引き続き、オーストラリアでも来年度の夏に交流事業があり、その説明会が行われました。こちらも81名の参加希望者が説明を聞きに来ていましたが、行けるのは20名となります。

 オーストラリアのメルボルンで、バララット・グラマースクール校と交流を持ちながら、生徒2人で一家族にホームステイしての滞在になります。気候は日本と反対なので、行く頃は冬。それでもこちらほどは冷え込まないようです。現地では、午前中に英語の授業、午後は現地の授業に参加したり、動物園やスクールファームの見学をしたり、大学の訪問なども予定されています。

 

 「この2週間で人生が変わる人もいます」との引率教員の言葉が印象的でした。

東日本フランス語暗唱コンクール校内選考

2月9日(木)~10日(金)

 第11回東日本高校生フランス語暗唱コンクール(主催:アンスティチュ・フランセ横浜、日本フランス語教育学会、慶應義塾大学、後援:在日フランス大使館)が3月に行われるので、そのための校内選考会をフランス語の授業で行いました。各高校2名までという狭き門に、1年次生のフランス語履修者100名が挑みました。

 ガエル・ファイユの自伝的小説から抜粋した、10行・1分ほどかかる難しい内容の文章をほとんどの生徒がスラスラと暗唱しました。フランス語独特の発音をうまく表現し、さらに感情も込めて発表する生徒もいて、素人の私はかっこよさに感動しました。

 

 選ばれた代表の生徒には、3月の発表で思う存分その成果を表現してきて欲しいと思います。

2023年度夏季英国語学研修説明会

2月9日(木)

 希望者に向けて、来年度の英国語学研修の説明会が行われました。

 本日の時点での希望者は60名ほどおり、そこから25名が実際に研修に行くことができます。

 説明会では、今年度の夏の研修に参加した2年次生から体験談が語られ、とても充実して貴重な経験だったことがうかがえました。13日間の研修で、10日間ほどは一人一家族にホームステイとなります。現地の人とは英語での会話のみとなるので、英語力は上がりますね。

 現地では、午前中に研修を行い、午後は名所・名跡の見学などが予定されているそうで、ロンドン市内などの観光もとても楽しそうな様子が、過去の体験者たちのレポートからもあふれていました。(外国語棟3階のLL教室の壁に掲示されています。)

 

 このご時世、燃料代も上がっていて、例年より費用が高くなってしまっていますが、ぜひ、希望した生徒には、充実した研修を楽しんで体験してきてほしいと思います。

2月10日(金)の降雪の予報について

 2月10日(金)に降雪の予報が出されています。

 各交通機関に問い合わせたところ、現時点で、明日は平常運行とのことです。10日(金)は、通常どおり登校してください。なお、降雪の状況により、ニューシャトル及び朝日バス、けんちゃんバスが、運行を見合わせる場合には、授業を打ち切り下校といたします。

ロータリークラブ韓国高校生と交流

2月7日(火)

 本校のインターアクトクラブ同好会(ロータリークラブ支援のもと、ボランティアや国際親善活動などを行っています)と、国際ロータリークラブが連携し、4年ぶりに韓国から高校生の学校訪問がありました。

 韓国から来た高校生が、本校2年次生の家にホームステイし、今日一日インターアクト同好会の生徒の授業を中心に、授業・施設を体験・見学しました。午前は体育やコミュニケーション英語、書道などを体験し、午後は施設見学を中心に行いました。

 

 書道では、初めての筆と漢字に悪戦苦闘の様子でしたが、日本の文化に触れてもらい、本校生徒も積極的にコミュニケーションをとっていて、お互いとても楽しそうでした。

 なお、3月には本校の2年次生の生徒が韓国を訪問します。

2月10日(金)の降雪の予報について

 2月10日(金)頃に南岸に低気圧が通る見込みで、降雪となる予報が出されています。
 予報では、まだ、寒気の強さや雨から雪に変わる時間帯など、不確実性が大きい状況です。
 現時点で、悪天候による休校は考えていませんが、万が一悪天候による臨時休校をする場合は、当日朝6時までに伊奈学園ホームページにその旨を掲載します。(通常授業の場合は、 掲載しません。)
 自分の住んでいる地域の状況などにより登校に危険が伴う場合は、安全を最優先し、登校してください。これによる欠席、遅刻は、適切に対応します。
                               伊奈学園総合高等学校 
                               担当 教頭 青木俊憲

出張図書館

2月2日(木)~3日(金)

 所属ハウスが図書館から遠くてなかなか本を借りに行く時間を作れない・行くきっかけが作れない、などちょっと本と縁が遠くなってしまっている人のために、年に数回、4ハウスと5・6ハウスの間まで図書館が出張してきてくれます。

 司書さんがおススメの本を数十冊運び、モールに図書館の出店を広げてくれるので、その場で借りることができます。

  

 いろいろな分野の本を持ってきてくれているので、映画化された話題の小説から、文章が苦手な人には写真集や絵本などもありますし、芸術分野の実用書や、料理のレシピ本もあります。せっかくの所蔵数を誇る図書館ですので、ぜひ有効に利用してほしいですね。

  

 ちなみに、どちらかというと教員の方が多く利用していた気がします。先生方もなかなか図書館まで足を運べないのですね。これを機に、もっと図書館へ!

総合的な探究の時間「自彊創生の時間」

1月31日(火)

 火曜日の7限に「総合的な探究の時間」という科目があります。

 生徒一人一人が自分の興味・関心や進路に絡めて、教員が各々で決めたテーマで開講する授業を選択し、1年間を通してその課題を探究する授業です。同じ教科でも教員によってテーマは様々。どれも魅力的な講座で興味を惹かれます。

 例えば、理科(生物)のある先生の授業では、「伊奈学園木本大全」というテーマで行われました。四季を通じて学校敷地内の植生について調査し、校内の植物マップを作り、植物の同定(それがなんという植物かを調べて特定する)をしたり、葉脈標本を作ったりしました。この講座をとった生徒は、1年間で植物についての理解が深められたのではないかと思います。

  

 他の教科では、数学科から「伊奈学園版「東大ナゾトレ」の問題を作ろう」、国語科では「和歌から学ぶLOVE SONG」、家庭科では「caféをオープンしよう!!」、地歴公民科から「古文書入門(日本史)」などなど・・・全部で110の講座がありました。来年度はどんな講座が開講されるのでしょうか。楽しみですね♪