■ 日誌・お知らせ

伊奈学園(日誌・お知らせ)

令和5年度3学期伊奈学進路フェア

3月21日(木)

 1,2年次ともに時間を分け、様々な大学・専門学校などから直接説明を聞くことができる進路フェアを行いました。

 各年次ともに2コマの時間を使って、各自が興味のある分野や具体的な学校などを選び、一人2種類(2校)まで説明が聞けます。1年次は分野ごとに分かれていて39の分野からの選択、2年次は各学校ごとで85校から選びました。

 1年次はその分野では何を学べるのか、どういった学部・学科があるのか、将来はどのような職に就くのか、など分野選びの参考になるようなお話をしていただきました。

  

 2年次はもっと具体的に、その大学・専門学校にはどのような特徴があるのか、その学部・学科では何を学べるのか、入試はどのような形態でやるのか、など学校のパンフレットも活用しながら説明していただきました。

  

  学校によって人数にばらつきはあり、リモートでご説明いただく学校もありましたが、中には担当の方一人に生徒数人でじっくり聞ける学校もあったりと、直接詳しく質問できる環境もあり、貴重な時間をいただけました。

 各学校の広報担当の方々、仲介の株式会社ライセンスアカデミー様、ありがとうございました。

3学期ハウス集会

3月19日(火)

 年度末を締めくくるハウス集会を、ハウスごとにハウスホールにて行いました。

 ハウス長講話のあと、学習指導部からは年度末における今年度の生徒のみなさんのデータ分析と、今後の学習への取り組みについて話がありました。

 

 そしてハウス表彰では、(ハウスによって部活動や所属人数などが異なりますが、6ハウスでは)空手部、バドミントン部、水泳部、競技かるた部、弓道部、書道部、写真部が表彰されました。一人でいくつもの賞を受賞している人もおり、たくさん活躍されていて、素晴らしいですね。おめでとうございます!

  

卒業生の話を聞く会

3月19日(火)

 先日卒業したばかりの先輩方をお呼びし、そのほかほかの体験談を2年次生にお話いただきました。

 初めに大体育館で進路指導部長から全体に向けて、現状把握と今後の方針の話があり、その後各々の進路希望に合わせて会場を分け、その進路別の先輩方の講演を聞きました。国公立大学理系・文系、私立大学理系、私立大学文系、芸術系(美・工)、(音楽)、スポーツ系、家政系、看護系、就職・公務員と9会場用意しました。

  

 それぞれの卒業生の進路実現に向けての軌跡を語っていただき、生徒からの質問タイムや、担当教員から事前アンケートをふまえた質問などにも答えていただきました。今、やっておいた方がいい勉強や、このあと3年次にあがってからどのようなペースで勉強していったのか。また、3年次での授業の取り組み方と、学校や教員の活用方法など。本当につい最近の体験談を、身近なひとつ上の先輩が語ることで、2年次生のモチベーションもあがったことでしょう。

  

 

 今日お話を聞いて感じた「やる気」を一年間持続できるよう、先輩方のアドバイスを十分に活かしてください。

 卒業生のみなさん、ありがとうございました!

入学許可候補者説明会

3月18日(月)

 午前中から物品販売があり、午後に入学許可候補者説明会が行われました。

 40のHR教室にて、全体説明を放送で聞いていただき、その後各々のHRで書類の回収などを行いました。

 全体説明では、年次主任の司会で、副校長からの挨拶から始まり、教務部・生徒指導部・学習指導部・選択科目担当・情報管理部・ハウス長・事務局からそれぞれ説明がありました。

  

  

  

 今日の説明を元に、入学までの間に準備すべきことが明確になったでしょうか。あと3週間で伊奈学園の高校生活が始まります。いいスタートが切れるように、準備を整えておいてください。みなさんが登校してくる日を楽しみにしています。

令和5年度 第38回卒業証書授与式

3月14日(木)

 凛とした寒さの中、大体育館で729名の卒業証書授与式が行われました。

 総勢約150名の重厚な吹奏楽部のファンファーレで幕を開け、その後も吹奏楽部の演奏で、担任に率いられ卒業生が入場しました。

  

 今年度も放送部と外部業者のカメラで前から撮影したものを、右前の大スクリーンに映し出して、呼名される卒業生一人一人が前方からのアングルで見られるようにしました。

 

 今年度の卒業生からは、正門から続く歩道の両側を明るく灯してくれるフットライトを卒業記念品としていただきました。ありがとうございます。

 送辞は現学園生徒会副会長の生徒が、頼りがいのある先輩方の姿に感謝し、答辞は前学園生徒会長が3年間の思い出と周りの人たちへの感謝をつづりました。

 

 退場も吹奏楽部の演奏で送られ、卒業生のみで保護者の前をはにかみながらも誇らしげに歩んで退出しました。

 式後、保護者の方々から学年団に花束贈呈がありました。ありがとうございました。

 

 年次主任からもあったように、卒業しても何かの折にはいつでも母校に足を運んでください。

 ご卒業おめでとうございます。