日誌

邦楽部

【邦楽部】令和6年度 埼玉県高等学校邦楽邦舞連盟 第40回研究会

6月12日(水)

 川越市市民会館(やまぶき会館)で県内の高校が集まり、研究会が行われました。

 今年度本校は1年次7名、3年次9名の16名で「AXIS」(水川寿也作曲)を演奏しました。箏3パート、十七弦、三絃2パートで六重奏となる曲で、迫力や勢いのある第一章と、三絃が転調して軽やかなメロディ部分から超速になっていく第二章の、とても聞き応えのあるものでした。速さもあり、とても難しい曲だったので、1年次は入部1ヶ月半でよくがんばりました。三絃は第一章と第二章の間で転調しますが、チューナーなどは使わず、自分の耳だけで十数秒で音を合わせました。

 緊張で練習よりさらに速くなってしまった部分もありましたが、途中途中でうまく調整でき、見事弾き切ることができました。

 恒例の参加校同士の講評では、「メリハリがうまかった」「迫力があってかっこよかった」「みんながそろっていてキレイだった」「三絃や箏、十七弦のかけあいが美しかった」などたくさんのお褒めの言葉をいただきました。

 これで3年次は引退となりますが、学園祭ではもう一度この曲を3年次と一緒に演奏する予定です。その他2曲は1年次のみでがんばります。ぜひ学園祭も聴きに来てください!

【邦楽部】第37回 いなほ祭で発表

9月3日(日)

 数年ぶりに入場制限のない状態で、いなほ祭の2日目に発表を行いました。

 マイクの音の拾い方が少し残念でしたが、暑い中、保護者の方や一般の方にも見ていただき、無事全員そろって発表できてよかったです。

 今回は、2年生だけで「365日の紙飛行機(3重奏)」、「弦舞(3重奏)」、2,3年生一緒に「編曲元禄花見踊(5重奏)」の3曲を演奏しました。2曲目の「弦舞」は、11月に行われる邦楽祭に向けて、もっと磨きをかけていく予定です。

  

【邦楽部】令和5年度 埼玉県高等学校邦楽邦舞連盟 第39回研究会

6月14日(水)

 埼玉県内の31団体の邦楽部・箏曲部などが集まり発表を見せ合い、生徒同士で講評し合って学ぶ研究会が、川越市のやまぶき会館で行われました。

 本校は『編曲元禄花見踊』という、たぶんみなさんもどこかで聞いたことのあるフレーズの入った曲を演奏しました。今回は、箏(2パート)、十七弦、三絃、お太鼓と五重奏で披露しました。6月に入ってもまだ演奏が不安定なところもあり、焦っていましたが、なんとか本番までにある程度のところまで仕上げられました。部員たちはとてもがんばったと思います!

 他校のみなさまからいただいた感想では、三絃やお太鼓なども加わった華やかさや、十七弦や三絃の高い技術の音色の美しさ、箏たちのそろった動きや、演奏者全体に対して強弱のついた演奏のうまさなど、いろいろとお褒めの言葉をたくさんいただきました。これを励みに、9月の学園祭、11月の邦楽祭へとまたお稽古を重ねていきたいと思います。

【邦楽部】令和4年度 埼玉県高等学校邦楽邦舞連盟第46回邦楽祭

11月16日(水)

 さいたま市文化センターで邦楽祭が行われました。

 私たちは「海鳥の詩(江戸信吾作曲)」を演奏し、銅賞(銅賞の中でも3位)をいただきました。

 さいたま市文化センターでの発表は初めてでしたが、緊張しながらも堂々と楽しく演奏できたようです。発表前にはコロナで学級閉鎖が出たり、三者面談があったりと、なかなか全員揃っての練習ができない日が続きましたが、講師の熱心なご指導に応えようと努力し、学園祭で披露したときよりも格段に上達し、曲に勢いと華やかさが加わった素晴らしい仕上がりになりました。

 

 期末テストが終わったら、新しい曲に取り掛かります。どんな曲になるのか楽しみです。

【邦楽部】第36回 いなほ祭で発表

9月3日(土)

 午前に大体育館で、「人生のメリーゴーランド」「打上花火」「海鳥の詩」の3曲を演奏しました。
 先の2曲は部員を二手に分け、有志の3年生も加わって1,2,3年生の混合で演奏し、最後の曲は1,2年生全員で演奏しました。(「海鳥の詩」は今後さらに練習し、磨きをかけて11月の邦楽祭でも演奏します。)

 今年度は保護者の方をお招きできたので、日頃の成果をお見せできてよかったです。