地質天文部のできごと

できごと

【地質天文部】県知事賞受賞!

第74回埼玉県科学教育振興展覧会中央展 県知事賞
第67回日本学生科学賞埼玉地区展覧会 読売新聞社賞  を受賞しました。
10月31日埼玉会館にて表彰式が行われました。

 

受賞した研究のテーマは「山中白亜系石堂層上部からのPalorbitolina ultimaの発見と年代の推定」。
露頭から採集した数mm程度の小さな化石を含む砂岩をひたすら研磨、検鏡する地道な研究でしたが、粘り強く取り組んだ成果を発表しました。
今回の結果を受けて日本学生科学賞中央審査に進出する県代表に選ばれ、先日論文を提出しました。
科学展の結果は読売新聞社11月1日の朝刊に掲載予定です。ぜひご覧下さい。
 

こちらもどうぞ。予選を通過した30作品の一覧です。

(埼玉県高等学校理化研究会にリンクします。)

0

【地質天文部】全国高等学校総合文化祭(かごしま総文)報告

7月29日~31日の3日間、かごしま総文に参加しました。

 

 

伊奈学園地質天文部は地学分野の口頭発表で出場、2日目に発表を行いました。

研究テーマは「銀河地図を作るⅡ~電波望遠鏡で見る天の川銀河の構造~」で、3年生が1年生から取り組み続けた成果です。私たちがいる銀河系を上から見たらどのような姿なのか、電波での観測と理論で可視化しよう、という試みで、古くは1950年代のオールトらなどから続く、古典的な内容ですが、観測機材づくりから観測、解析まで高校生の手で行うことができました。

「地熱の恵みを感じよう」と題した巡検では指宿市を訪ね、山川地熱発電所の見学、鰻集落のスメ体験に参加。火山のない埼玉の高校生にとってとても貴重な体験をすることができました。

3日目は審査結果発表。地質天文部は奨励賞を受賞することができました。

3日間を通じて、とても素晴らしい体験となりました。鹿児島の高校生の皆さん、先生方、鹿児島大学など総文祭の運営に携わった皆様に感謝申し上げます。

0

【地質天文部】全国高等学校総合文化祭出場決定!

地質天文部が来年度2023かごしま総文自然科学部門へ出場することが決定しました。

2年生が1年生から継続して取り組んだ研究の「銀河地図を作るⅡ〜天の川銀河21cmの観測」が認められ、埼玉県代表として「研究発表(口頭発表)地学」に参加します。

生徒たちは総文祭を目標に活動してきた経緯もあり、とても嬉しそうでした。アンテナの試作と試験観測を重ね、真夏の屋上で手製の電波望遠鏡を空に向け、数式と戦い、慣れないexcelでデータ処理をし、ギリギリまで論文の推敲を重ねる、ひたすら地味で地道な努力の末に勝ち取った成果です。

かごしま総文自然科学部門は来年7月29日〜31日の日程で鹿児島大学で行われ、埼玉県からはポスター発表1団体、口頭発表4団体が参加する予定です。

地質天文部は2020年度に高知総文に参加する予定でしたが、コロナ流行によりweb開催となってしまい、悔しい思いをしました。今度こそ、無事に開催されることを願っています。発表まで、また新たなチャレンジをして臨みたいです。

 

 

0

【地質天文部】皆既月食・天王星食

月食と天王星食の観望を行いました。

天気にも恵まれ、非常によく見えました。

顧問も天王星は見たことがありませんでした。

点にしか見えないので望遠鏡を向けてみようと思ったことすらありません。

ちゃんと青いのですね。

天王星はメタンの吸収のため青い、などと普段教えているのにお恥ずかしい限りです。

 

0

【地質天文部】入選! 科学教育振興展覧会・日本学生科学賞埼玉地区展覧会

今日は表彰式でした

埼玉県科学教育振興展覧会 優秀賞

読売新聞主催 日本学生科学賞埼玉地区展覧会 読売新聞社賞

 

 

地質天文部では昨年度から続けていた21㎝線の観測による銀河系の構造の解析で科学展に出品し、賞をいただくことができました。

埼玉県から6作品が選ばれ、地質天文部も日本学生科学賞中央展(全国大会)に進出することになりました。

(これから頑張ります!と言いたいところですが、すでに先週末に作品を提出しました。)

 

 

0

地質天文部&科学部 学園祭

伊奈学園総合高校ならびに地質天文部、科学部のブースに越しいただき、ありがとうございました。時間枠が限られている中、実験やプラネタリウムにお付き合いいただきましたこと、深く感謝申し上げます。

お迎えする側の生徒たちも楽しんでいたようでした。

   

お客様の中に、なんと展示したスペクトラムアナライザのメーカーの方がおられ、生徒たちにレクチャして下さいました。電波望遠鏡としてスペアナを愛用している地質天文部の生徒たち曰く「やっぱりプロの話はすごく面白かった!」とのこと。(自分もお話を伺いたかったです…。警備当番さえなければ!)

お客様を招いての久々の学園祭で先輩から充分に経験を継承できていないため、生徒たちは手探りだった点も多いですが、来年に向けてまたブラッシュアップしてくれればと思います。

来年も多くの皆さまのお越しをお待ちしております。

0

【地質天文部】夏休みの活動

今年は夏休みとしては久々の合宿解禁。

地質天文部はIINAサイエンスの行事を兼ねて2泊3日で糸魚川に巡検に。

フォッサマグナミュージアム

フォッサマグナミュージアムフォッサマグナミュージアム

フォッサマグナパーク

フォッサマグナパークフォッサマグナパーク 枕状溶岩

天体観測

天体観測

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天体観測

ヒスイ探し(親不知)

親不知

親不知

小滝ヒスイ峡

小滝

小滝

市振(化石採集)

市振

現地案内や講義でフォッサマグナミュージアムの皆様にお世話になりました。

 

本校地質天文部では天の川の水素原子が放射する電波を研究しています。

夏休みにも観測を行いました。

なかなか天候に恵まれず、思うようにすすめられませんでしたが、ようやくデータを取れました。

成果は科学教育振興展覧会で発表する予定です。

電波観測

 

IINAサイエンスで三浦半島にも行きました。

詳しくは科学部のページで。

三浦半島の夜空

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

【地質天文部】長瀞巡検

5/1 地質天文部・科学部合同で長瀞に巡検に行きました。

 

日本地質学発祥の地 碑の前で

 

極小カタツムリを探す

大きめの個体が見つかりました。

 

 

クリノメーターの使い方

 

 

上流の地質を考える

 

川下り、いいなあ。

 

 

 

3年生はこの巡検をもって一足早く引退となります。がんばれ受験生。

新入生を迎えて初めての巡検、天気にこそ恵まれませんでしたが、よい巡検になりました。

 

0

【地質天文部】2019~2021を振り返る

地質天文部顧問です。

しばらく更新をさぼっておりましたが、地質天文部は活動していました。コロナでままならないことも多かったですが簡単に振り返ります。

 

<2019年度>

科学教育振興展覧会で優秀賞を受賞し、埼玉県代表として全国高等学校総合文化祭(高知総文)への出場が決定しました。

 

<2020年度>

春からコロナで休校になったこの年。各自自宅から空を見上げ、google MeetでつないででISSを観測するなど、何とか活動をつづけました。

全国高等学校総合文化祭は、高知に行くことはかないませんでしたがオンラインで参加となりました。

 

<2021年度>

ようやく少しだけ通常の活動ができるようになってきました。

研究成果を科学展にて発表したり、長瀞での春の巡検や、IINAサイエンスの企画に参加しての高麗川フィールドサイエンス実習と冬の大滝天文学実習も実施できました。2020年度入学生にとっては最初で最後の宿泊行事でした。

 

 

 

今年度はもっと充実した活動ができることを願っています。

 

  

 

0

第71回埼玉県科学教育振興展覧会中央展

中央展に出展しました。
努力が実り、優秀賞に選ばれました。

今年度は地質分野でのチャレンジ。中生代白亜紀の示準化石であるオルビトリナ(大型底生有孔虫)を分析し、山中地溝帯の石堂層の時代論を再考するという内容です。
本当に地味で手間のかかる内容ですが、よく頑張ったと思います。
2月の理科教育研究発表会、古生物学会高校生ポスターセッションに向けさらにブラッシュアップしていきたいと考えています。
1年生は自分たちが主体でこれから取り組む研究テーマを考え始めています。

0